FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋画『マン・オブ・スティール』をレビュー

ラーク・ケント/カル=エル /ヘンリー・カヴィル
ロイス・レイン /エイミー・アダムス
ゾッド将軍 マ /イケル・シャノン
ジョナサン・ケント /ケヴィン・コスナー
マーサ・ケント /ダイアン・レイン
ペリー・ホワイト /ローレンス・フィッシュバーン
ジョー=エル /ラッセル・クロウ


マン・オブ・スティール [DVD]マン・オブ・スティール [DVD]
(2014/10/08)
ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス 他

商品詳細を見る



クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダーが監督を務めたスーパーマン誕生までの物語を紡ぐアクション大作。

スーパーヒーローの代名詞ともいえるDCコミックスの「スーパーマン」を、その原点に立ち返って描き直した映画版リブート作。

言わずと知れたスーパーマンの誕生の話です。

異星に生まれ、地球で育ったクラーク・ケント。その彼が自身の力に悩み葛藤しながら、スーパーマンになっていくのが面白い作品です。

そしてこの作品の良さは、戦闘シーンが気持ちいいくらいのアクションバトル。

スピード感、躍動感が激しく瞬く間にシーンが切り替わっていく。

ストーリーは初めてこのシリーズを見る人でも楽しめると思う。

私はこの作品は当時友人と映画館で見ましたが、巨大なスクリーンと立体的な音響で瞬きすら出来なかった記憶があります。

そして久しぶりに見ましたが、相変わらずのバトルの激しさに感動しました。

しかし映像美は素晴らしかったですね。SFとしては力を入れているのをヒシヒシと見てて思いました(笑)

この作品は初めてスーパーマンを見る人を考えて、新しい切り口で表現されたスーパーマンなんじゃないでしょうか。

ただ、他にもこのシリーズで似た話があるのでリメイクと言っていいのかも知れません。

ですから決まりきったパターンと感じる人もいると思います。

ですがそれでも映像美や、アクションシーンは一目置いて良い作品だと私は思いました。



映画評論・レビュー ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
良ければぽちっと押してやって下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすぴりん

Author:あすぴりん
7歳の時、もやもや病(ウイリス動脈輪閉塞症)を患う。

19歳の時、潰瘍性大腸炎を患う。

現在は2か月に一度病院に通ってる男です。

読書や映画鑑賞、ゲームが好きな九州在住のフリーター。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
来場してくれた人の数
こねこ時計
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ご来場ありがとうございます

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
QRコード
QR
コアラがつぶやく
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitterもやっています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。