FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はちょっと短編小説を載せてみました。昔書いたやつです。

画像はGATAG|フリー画像・写真素材集 1.0のフリー素材パブリックドメインの物を使用しています。
犬


小説です。少し長いですが、興味があればどうぞ。

タイトル『犬の妄言』

誰も信じないかも知れないが、俺はついこの間犬と話をしたんだ。

もちろん動物の犬だぜ。ああ、吠えるあれだ。言っとくが犬井さんとかいう人じゃねえからな。

最初はただの空耳だと自分でも思ったさ。でもそうじゃなかった。犬は俺が言葉を理解していると、わかっていて話しかけてきたんだ。それも随分と馴れ馴れしくさ。

どんな話かって?

大したことは何も。よくある世間話さ。けど会話したことは事実さ。決して俺のイカレタ妄想でもなければ、ただの夢物語でもない。あれは確かに現実だった。

そう、あれはちょうど昼時で、腹が減ったんで何か食いに行くときだった。

俺はいつも通る道を使わず、近道をして近所の若干大きな公園を通ったんだ。

そこは中央に噴水があって、近所のガキどもは噴水公園と呼んでいる場所だ。よくハトが首を前後に振ってたくさん闊歩してやがるあそこだ。

あそこで俺は喋る犬と出くわしたんだ。

奴は最初木の茂みにうずくまっていたんだ。

最初見たときはガキか何かだと思ったさ。だから何してるんだあいつと思いながらも、素通りしようとしたそのとき、泣き声がそいつから聞こえたんだ。

わぁんわぁんと激しく鼻を啜りながら泣くもんだから、しょうがなく近寄って見るとそこには一匹の柴犬がいたんだよ。

俺はガキがいると思っていたのに予想と違うから、じゃあ一体誰が近くで泣いているのかと辺りを見渡しが、人っ子一人いやしない。

混乱している俺をよそにまだ泣き声が聞こえるから、その柴犬を何気なく見るといつの間にか俺を見てやがったんだ。そうして奴は鼻を啜りながらこう言ったんだ。

「ねえ、おびぃさん。一人?」

ああ、びびったさ。正直ちびるところだった。だが俺は冷静になって返事を返してやったよ。

「んだ、ワン公。俺に何か用か?」

ってね。きっとその日の俺は機嫌がよかったんだろうな。

それで俺は奴の話を聞いてあげることにしたのさ。優しいな、俺。

話を聞くと奴のご主人が病気で倒れてしまった。でも自分にどうにも出来ないから悔しくて泣いていた。何か元気にする方法を考えたが出てこなくて、これまた泣いていた。そして腹も空いてきてまた泣きたくなって泣いていた。

とにかく俺は奴の相談に親身になって考えてやった。そうして少ない知恵で考えた結果(そのときは俺も腹が減ってからな)出てきた結論は簡単なことだった。

「そら、お前駄目だろ。側にいてやることが今一番お前に出来ることだろ」

「側にいることが……?」

奴は首を傾げて不思議そうに俺を見やがる。だから俺ははっきりと断言してやった。

「ああ、これは間違いない。俺は犬のことはあまりわからないが、そのご主人は喜ぶだろうな」

「本当に…?」

「本当に決まってるだろ。俺の言うことはまず間違いないな。近所のジョニーの奴もそう言っている」

奴はまた鼻水をぐぐっと啜って、今度は何か決意を決めたかのように立ち上がったんだ。そうして面と向かって俺に言ったのさ。

「ありがとう。僕行ってくる。でもその前にご飯を食べなきゃ!」

その表情は最初に見たときの泣き虫面じゃなく、漢の顔だったな。そうして奴は茂みから這い出して颯爽と去って行きやがったんだ。もう奴には迷いが無くなったし俺も安心したよ。

そのとき俺は腹の底から思ったね。これで美味い飯にありつけるってな。

そうして俺は急いで帰って人間のご主人からドックフードを注いでもらうと、そりゃあもうたらふくと食ったのさ。

終わり。読んでくれてありがとうございました~。

また新しいのを書くかは検討中です。



ゲーム ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
良ければぽちっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログを拝見しました

こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。
プロフィール

あすぴりん

Author:あすぴりん
7歳の時、もやもや病(ウイリス動脈輪閉塞症)を患う。

19歳の時、潰瘍性大腸炎を患う。

現在は2か月に一度病院に通ってる男です。

読書や映画鑑賞、ゲームが好きな九州在住のフリーター。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
来場してくれた人の数
こねこ時計
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ご来場ありがとうございます

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
QRコード
QR
コアラがつぶやく
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitterもやっています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。