FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋画「マレフィセント」を紹介とレビュー!

本作はディズニーアニメ『眠れる森の美女』でオーロラ姫に呪いをかけた悪役だった、邪悪な妖精マレフィセントを主人公とするダークで感動するファンタジーです。

以下シネマトゥデイから引用

「とある王国のプリンセス、オーロラ姫(エル・ファニング)の誕生祝賀パーティー。

幸せな雰囲気があふれるその会場に、招かれざる邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が出現する。

オーロラ姫に永遠の眠りにつく呪いをかけたマレフィセント。

それは、なぜなのか。答えは、謎に包まれたマレフィセントの過去にあった。」

このマレフィセントという映画のテーマは『真実の愛』です。

主人公のマレフィセントは真実の愛など決してないと思っています。

オーロラ姫に16歳になると永遠に眠り続ける呪いをかけますが、それから彼女はずっとオーロラを見守り続けていきます。

いつしか成長したオーロラもマレフィセントの事を慕うようになり。

マレフィセントはオーロラに呪いをかけた事を後悔してしまいますが、そこはどうにもなりません…。

呪いを解く方法は一つ。真実の愛だけです。

本来マレフィセントは悪役で悪女です。しかし実際は彼女は優しい心を持った妖精なのです。

いたずら好きで、おちゃめな面がいくつものシーンに点在しており観てる私を魅了しました。

映画の結末もよく出来ており、ディズニーらしい終わり方でとてもよかったと思います。

真実の愛とは気づいたらあるような、無意識に芽生えるものであり、意識的に作るものではない。

そんなメッセージがあるのだと感じましたね。



映画評論・レビュー ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
良ければぽちっと押してやって下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすぴりん

Author:あすぴりん
7歳の時、もやもや病(ウイリス動脈輪閉塞症)を患う。

19歳の時、潰瘍性大腸炎を患う。

現在は2か月に一度病院に通ってる男です。

読書や映画鑑賞、ゲームが好きな九州在住のフリーター。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
来場してくれた人の数
こねこ時計
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ご来場ありがとうございます

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
QRコード
QR
コアラがつぶやく
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitterもやっています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。