FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイマックスを見ました!

★第87回アカデミー賞® 長編アニメーション賞「ベイマックス」ノミネート!

監督:
ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ
声の出演:

<吹替版>菅野美穂/小泉孝太郎/川島得愛/本城雄太郎

<字幕版>マーヤ・ルドルフ/ダニエル・ヘニー/スコット・アツィット/ ライアン・ポッター

謎の事故で最愛の兄タダシを失った天才少年ヒロ。深く傷ついた彼の心を救ったのは、人々の心と体を守るために兄が開発したケア・ロボットのベイマックスだった。

兄の死の真相をつかもうとする二人だったが、彼らの前に未知なる強大な敵が立ちはだかる。

ケア・ロボットとして人を傷つけることを禁じられているベイマックスに、大切なヒロを守り切ることはできるのだろうか? 

そして、兄がベイマックスに託した、驚くべき“使命”とは…?

まず私が最初に思った感想は、ベイマックスのデザインが独特な魅力をはなっていたキャラクターだなと。

紹介のフレーズを見て、あのボティで一体どうやって強大な敵と戦うのか疑問が消えませんでした。

しかしそれは心配無用!主人公のヒロをみれば納得。

天才少年ヒロの発明力の凄さに驚き。何でも思いついたら、それを形にする頭脳、私にも欲しいですね(笑)

冒頭で兄が事故で亡くなった時は、ディズニー映画なのに結構シビアで衝撃。

そしてその真相を掴むために動き出した1人と1体?がとてもコミカルで、笑いが絶えません(笑)

何せあのバルーンボティなので狭い所を通る時のリアクションが特に可愛い。

仲間と一緒に戦うシーンも、迫力満点で目が離せません。

感動あり、友情ありの評価が高かったのも納得です。

最後は私が見ても納得の終わり方で、二度、三度見ても飽きない良作だと思います。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすぴりん

Author:あすぴりん
7歳の時、もやもや病(ウイリス動脈輪閉塞症)を患う。

19歳の時、潰瘍性大腸炎を患う。

現在は2か月に一度病院に通ってる男です。

読書や映画鑑賞、ゲームが好きな九州在住のフリーター。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
来場してくれた人の数
こねこ時計
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ご来場ありがとうございます

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
QRコード
QR
コアラがつぶやく
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitterもやっています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。